サブメニュー

レディー

変形性膝関節症のツラさを乗り越える|老化に打ち勝とう

イソフラボンの働き

メディシン

様々な体の変化や症状

更年期とは、女性の卵巣の機能が下がっていく時期のことです。個人差があり、早い人は30代後半から更年期が始まりますが、一般的には40代後半から50代前半頃となっています。卵巣の機能が低下すると、女性の体では様々な変化が生じます。女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減るため、それまでエストロゲンの働きによって保たれていた女性的な魅力が失われていくのです。具体的には、肌のカサつきや抜け毛、体のたるみなどが生じやすくなります。さらには情緒不安定になったり、倦怠感や関節痛などが生じたりもするのです。こういった体の変化や症状を更年期障害というのですが、これはイソフラボンのサプリを飲むことで、ある程度軽減させることができます。そのためイソフラボンのサプリは、更年期障害に悩む多くの女性から注目されています。

副作用がなく安全

なぜイソフラボンのサプリが、更年期障害の軽減につながるのかというと、イソフラボンが体内で、エストロゲンと同じ働きをするからです。分泌されたエストロゲンが受容体に入ることで、体は女性らしい魅力を高めたり、心身の健康状態を向上させたりします。そしてその受容体に、イソフラボンもわずかですが入ることができるのです。そのため実際にはエストロゲンが分泌されていなくても体が反応し、エストロゲン不足による更年期障害が軽減されるわけです。また、受容体に入る量がわずかということは、体への影響が少なく、副作用の心配がないということです。そのためイソフラボンのサプリは、安全性の高さからも評価されています。効果はゆっくりと出てくるので、飲み続けていくうちに、徐々に更年期障害による苦しみから解放されやすくなります。