サブメニュー

レディー

変形性膝関節症のツラさを乗り越える|老化に打ち勝とう

効果の広さと分子量

海藻

広い健康効果

フコイダンは健康効果の広さから人気が高い栄養成分です。フコースを主な成分とする多糖類であり、分子量の大きさには大きな幅があります。フコイダンを口から摂取した際には一部は小腸で吸収されてがんの発症やウイルス感染、アレルギー反応などに対する抵抗力を高めるのに寄与するのが特徴です。一方、フコースが基本になっていることからフコイダンは水溶性が高い食物繊維としても機能します。そのため、吸収されなかった分は腸内で腸内細菌の栄養として利用されて腸内環境を改善するのに役立ったり、糖分や脂肪分を吸着したりする役割を果たします。こういった広い効果によって多様な健康効果を発揮することから人気が高いのがフコイダンです。

低分子か高分子かを選ぶ

フコイダンの効果を期待する際に行うと良い工夫として、目的に応じた組成選びがあげられます。フコイダンは低分子のものから高分子のものまで様々なものの混合物であり、その比率によって得られる効果にも違いが生じます。高分子であるほど吸収性が低くなるため、腸内での機能が高まるでしょう。低分子にすると吸収性が高まり、身体の中での反応を期待することができるのです。その組成がどの程度であるかは原料になる生物によって大きく異なるため、その組成を調べて自分の目的に合ったものを摂取するのが賢い考え方です。効果が幅広いとはいえ、どこに重点を置きたいかによって選ぶことが重要になるのがフコイダンであり、低分子か高分子かがその分け目になります。