サブメニュー

男性女性

変形性膝関節症のツラさを乗り越える|老化に打ち勝とう

ごまの力で美しく健康に

ごま

セサミンはごまに含まれる成分で、高い抗酸化作用が特徴となっています。一日の摂取目安量は10ミリグラムといわれていますが、すべてごまからとるとカロリー過多になるのでサプリメントがおすすめです。選ぶときは、セサミン含有量と他の有効成分も含まれているものがおすすめです。

詳細を読む

効果の広さと分子量

海藻

フコイダンは体内で免疫力の向上をもたらし、腸内では腸内環境の改善や脂質や糖質の吸着を実現します。そのどちらを優先するかによってフコイダンの組成を考えると良いでしょう。低分子は体内での効果、高分子は腸内での効果が期待できます。

詳細を読む

イソフラボンの働き

メディシン

卵巣の機能が低下する時期を更年期、それによる体の変化や症状を更年期障害といいます。これは、エストロゲン不足が原因となっているので、エストロゲンと同じ働きをするイソフラボンのサプリを飲むことで、軽減させることが可能です。効果の出方はゆっくりですが、その分副作用がなく安全です。

詳細を読む

膝の痛みをとる方法

錠剤

軟骨成分がすり減る

中高年になるといたるところが老化し始めます。特に筋力が衰える足腰には問題が出てしまいます。膝関節は上半身の体重を支えるので、肥満気味以上の人は大きな負担がかかっています。特に筋トレや運動をしない人は関節を支える筋肉が衰えているので、骨に支障が出てしまいます。ひざ痛に関するものの多くは変形性膝関節症です。いわゆるO脚のことです。膝の全面が痛み出したり内側に痛みが出たりします。正座をすることがつらくなったり、立ったり座ったりすると痛みが出てしまいます。変形性膝関節症は軟骨がすり減った状態です。整形外科に行けばレントゲンやMRIで簡単に診断できます。リハビリやヒアルロン酸の注射、手術などの方法があります。

サプリと筋トレが有効

しかし多くの人が変形性膝関節症になって整形外科に通うことになってもなかなか改善できないこともあります。湿布薬や痛み止めで何とか対処している人も大勢おられます。そんな人はサプリメントや筋トレを行いましょう。変形性膝関節症にはグルコサミンやコンドロイチンなどが有効です。軟骨成分を補う方法ですが痛みが強い人は漢方薬がおすすめです。痛みがあると動かすことが億劫になります。しかし動かすことが治療の第一歩となるのです。痛みをとるために漢方薬が効果を発揮します。変形性膝関節症に効果のある大腿四頭筋の筋トレも行いましょう。椅子に座った状態でできるので、歩くことがつらい人でもできます。筋肉成分を補うサプリも筋トレに有効です。サプリメントを選ぶ基準で迷っている方は多いと思います。グルコサミンが含有されているサプリメントは多いので、自分に合っているサプリを判断するのは大変でしょう。そのときに判断のポイントになるのは、継続的に摂取できるかという点です。サプリは継続的に飲まないと効果を出すことが難しいので、これを基準にして選ぶといいでしょう。継続できる点は人によって異なると思いますが、飲みやすいものや価格が入手しやすいものは続けて摂取しやすいと言えます。このように、自分が継続的に飲みやすいと思える基準を満たしているサプリを選ぶといいでしょう。